mySQL error with query INSERT INTO nucleus_plugin_analyze_hit (ahdate, ahvisit, ahhit, ahlevel1, ahlevel2, ahlevel3, ahlevel4, ahlevel5, ahrobot) VALUES ('1970-01-01', '0', '0', '', '', '', '', '', '0'): Duplicate entry '1970-01-01' for key 1

Smalllight Pictures Information » 『屋根の上の赤い女』9月15日公開。

Skip to main content.

『屋根の上の赤い女』9月15日公開。

屋根の上の赤い女
VIPOという団体のNDJC2006、という企画で『けものがにげる』を撮ったわけですが、けものと同時期に、同企画で、かなり似たスタッフ編成で制作された岡太地監督作品『屋根の上の赤い女』が、9月15日より池袋シネマ・ロサにて劇場公開されます。

製作チームが同じだったこともあり、仕上げなどはけものと同時進行だったのですが、完成するまで内容を知りたくなくて耳を塞いでおりました。恋と暴動の話としか知らなくて『ウエストサイドストーリー』みたいなんかな、と勝手に思っており、初号試写で初めて観たところ、全然ジェット団じゃありませんでした。Tonightじゃありませんでした。無理矢理喩えればロミオとジュリエットなのかもですが、悲恋でもないし外国人でもない。決して関東ではなく関西の話なのは確かですけれど。
『トロイの欲情』を観ていたこともあり、お酒の席などで「岡くんって変態だよね」と言うと、彼は心底不満げな顔をするのですが、もちろん「変態」というのは褒め言葉なので、もっと堂々としてもらいたいです。あんなにドキドキする距離感を発想できる人が「距離フェチ」という名の変態でないわけがなく、距離に関しては一家言あるものの、フィジカルなそれを描くまでには至っていない自分は軽く嫉妬をおぼえるのです。ボーイミーツガールは死んだと思っている自分ですが、岡くんのやりかたを見ると、まだもう少しいけるのではないか?とすら思ってしまうのです。
何かの打ち上げの席で、岡監督、主演の山中崇さんと神農幸さん、高城ツヨシさんがいる前で「いやああのシーンはエロかったですね、ふしだらで。ははは」などとぶっちゃけてしまったのは、自分の人見知りがなせるわざであり、直後に反省しました。この場を借りてお詫びいたします。

公式サイト / mixiコミュニティ / シネマ・ロサ

そんな『屋根の上の赤い女』の予告編と作品詳細をRead More以下にアップしています。



映画『屋根の上の赤い女』
9/15(土)〜9/21(金)期間限定上映!!
同時上映 「トロイの欲情」「放流人間」
場所:池袋 シネマロサ

監督・脚本・編集 岡太地

主演 
山中崇(『松ヶ根乱射事件』、『のだめカンタービレ』など)
神農幸(『水霊〜ミズチ』)

スタッフ
プロデューサー:天野真弓/撮影:近藤 龍人/照明:藤井 勇/録音:古谷 正志/美術:宇山 隆之
2007年/日本/35mm/ビスタ/30分

ストーリー:文具卸会社で、新しいアルバイトを始めた護摩君。そこで事務をしている西山さんと出会う。西山さんは、真っ赤なコートの似合う、どこか独特な雰囲気がある女性だ。護摩君はすぐに彼女に惹かれるものの、今ひとつ踏み切れないでいる。そんな時、西山さんが起こした小さなミスがきっかけで、問屋は大乱闘に発展してしまう。お互い思いを伝えられないまま、西山さんと護摩君は逃げて逃げて、そして2人は屋根の上へ…。

特別前売券絶賛発売中! 1200円
当日 一般1500円/学生1300円/シニア1000円

Comments

No comments yet

Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。